完全無害

安いドッグフードのメリット・デメリット

ドッグフードは、何で選びますか。
選ぶ判断基準の一つに価格の問題があるでしょう。
では、ドッグフードは安ければいいのでしょうか。

安いドッグフードの最大のメリットは、経済的に優しいということでしょう。
ペットとして買う動物のエサは、安い方が家計の負担になりません。
しかし、安いからと言って安易にドッグフードを選んでも本当に大丈夫なのでしょうか。

安いものには、安いなりの理由があるのです。
人間の食べ物でさえ、安い商品は、劣化しているや、賞味期限が近い、形が不ぞろいなどの理由があります。
ドッグフードも同じです。
安すぎるドッグフードは、何かしらの理由があると考えたほうが自然と言えます。

選ぶ場合には、内容表示をきちんと確認することが重要です。
内容表示の明記される順番は、多く使用されている材料順に示されています。
初めに肉ではなく、穀類の名前があるものはお勧めできません。
今は雑食なった犬ですが、もとは肉食獣です。
穀類の消化は、それほど得意ではありません。
消化不良になってしまう恐れがあります。

また、消費期限が長すぎる商品には、抗酸化剤が使われている事が多いです。
価格の安いフードには、BHAや、エトシキン、BHTといった、本来食べ物の為に作られた酸化防止剤ではないものや、殺虫剤として使用されているもの、また人間には使用不可になっているものが使われている可能性があります。

安いだけの理由で、これらのものを愛犬に与えても本当にいいですか。

パッケージや、広告の誘い文句に惑わされることなく、裏面の内容表示をきちんと確認して、有害なものが入っていないかを見極める事が必要です。

犬は自分でフードを選べません。
食事が健康の源になります。
病気になって、苦しい思いをするのは犬です。
また、病気になると、医療費も相当額かかってしまいます。
日ごろから健康にある程度お金をかえるか、病気になってから犬を苦しめながらもお金をかけるかの判断基準で選ぶという考え方も出来ます。
ドッグフードで健康管理をしてみてください。