完全無害

メリットの多いドッグフードとはどんなもの?

犬にとって、一体どのような食事が最適なのでしょうか。
それを考えた時には、メリットの多いドックフードを選びたくなるでしょう。
メリットの多いものは、どんなポイントに気を付ければよいのでしょう。

一番初めに、ドッグフードの成分表示を確認することが大切です。
成分表示は、一番多く使用しているものから順に表示されています。
犬は、元肉食です。
人間と暮らしているうちに雑食になりましたが、基本的に穀類の消化は苦手としています。
一番初めに穀類があるものは、消化不良を起こす危険が高まるので、避けたほうが良いでしょう。
一番初めの表示には、肉と書かれたものが最適です。
肉類や、肉副産物または、肉骨粉など、肉以外のものが書かれているものは、どのような肉が使われているのか分かりません。
本来ならば食べるのに適していない肉が使われている可能性もあるので避けたほうが無難です。
肉(鶏肉)や、肉(ラム肉)等、肉の種類が表示されているものは信頼度が高いものと言えます。
次に、防腐剤や、添加物が使われていないかも重要です。
ドッグフードには、人間に使用を禁止されている防腐剤も使ってよい事になっています。
本来は、食べ物の為の防腐剤として開発されたものではない防腐剤も、使われている可能性があります。
ドッグフードの消費期限が長すぎるものには、注意が必要です。
添加物や、防腐剤が入っていないものは、腐りやすいので、注意が必要です。
メリットの多いものを購入しても、腐ったものをあげては体調を壊してしまいます。
正しい保存方法で、品質を劣化させないように最後まで使い切る事も重要です。
犬の体に良くても、値段が高すぎない事も大切です。
ドッグフードが高すぎて、家計を圧迫するようではメリットがあるとは言い難くなります。

どんなにメリットが多くて、これが一番良いと飼い主が思ったドッグフードでも、食べるのは犬です。
体質に合わずに、下痢や、体調不良を起こしてしまっては元も子もありません。
飼い主の意向と、犬の体調が合うフードが一番メリットの多いドッグフードといえるでしょう。