完全無害

ドッグフードに混ぜた薬を残す際の対処法

犬が病気などになった場合に、処方されたお薬を、上手に飲ませるためにはどのような方法があるのでしょうか。
ドッグフードに混ぜても薬を残してしまった場合は、一体どうしたらよいのでしょう。

犬が病気などの際、お薬を飲まなけらばならない状況がやってきます。
薬を混ぜたドッグフードをすぐ食べてくれる犬ならよいのですが、食べてくれない場合は、途方に暮れてしまいます。
しかし、犬も知恵のある動物です。
いきなりドッグフードに異物が混ざっていたら、危険を察知して残してしまっても当たり前です。

固形のものや、カプセルのものでしたら、すりつぶしたり、中身を出したりして、粉状にしてから混ぜ込む方法があります。
しかし、すりつぶしたり、カプセルから出してもいいかを獣医師に確認する必要があります。

粉状に出来ない場合は、好物などに包んで食べさせる方法があります。
これにもコツがあり、いきなり薬を混ぜたものをあげると薬だけ出してしまう可能性もあります。
好物を何個か与えてみて、慣れてきたら薬入りを与え、そのあとにすぐまた好物を与えるという方法で食べてくれる可能性が高まります。

子供に薬を飲ませる時のように、薬を練り込んで、内ほほや、上あごに塗るという方法もあります。
内ほほや上あごに塗ると、自然になめてしまうので、薬が体に入りやすいという利点があります。

混ぜ込まずに、直接犬の、のどの近くまで薬を入れて、口を固定したまま上を向かせて、のどをなでる事で飲みこませるという方法もあります。
また、水で溶かした薬をスポイトなどにいれて少しずつ飲ませる方法もあります。

食べ物に混ぜて薬を飲ませる利点は、スムーズに飲ませる事ができる事があげられます。
しかし、無理強いしすぎると、その食べ物自体に苦手意識が生まれてしまう事もあるので、注意が必要です。
犬は賢い動物なので、薬を飲まないといけない旨を伝えてから薬を与えると飲んでくれるかもしれません。
無理強いすると逆効果ですので、なるべく自然にさりげなくを心がける事が重要と言えます。