完全無害

ドッグフードだけで育てるメリット・デメリット

犬をドッグフードだけで育てた場合、どのようなメリットや、デメリットがあるのでしょうか。

ドッグフードで育てるメリットから考えてみましょう。

まず、ドッグフードには様々な種類があることがあげられるでしょう。
子犬には、時期に適した栄養が構成されたドッグフードを与える事ができます。
また、老犬になると、体の機能が衰え、食も細くなります。
そういった年齢に対応している事がメリットといえるでしょう。

また、分量や、回数が決まっているので、餌のあげすぎを防ぐことができます。
飼い主に万が一の事があった場合や、旅行などで不在の場合にも、人に頼む事も簡単です。
旅行に同行する場合も、保存バッグなどに入れれば、持ち運びも可能なので便利です。

同じフードを使い続けていると、毛並みや、排泄物の状態などから、体調の変化に気づきやすいという利点もあります。

人間の食べ物をあげると、塩分の摂りすぎや、犬にとって有害な食べ物をあげる恐れもあります。
ドッグフードのだけならば、犬にとって食べてはいけない食べ物は入っていないと考えられます。
また、犬にとって必要な栄養を詰め込んだものがドッグフードなので、栄養面からもメリットがあると言えます。

しかし、安価なフードには、防腐剤や添加物など犬にとっても有害な物質が入っている可能性が高いです。
ドッグフード選びhttp://animal-dog.com/d01-01-001.htmlには、表示内容をきちんと確認して、有害物質が入っていないかを確かめる必要があります。
また、無添加のドッグフードであることなどの、犬にとって体に良いフードは、価格も高くなってしまいます。
デメリットをあげるならば、良質なものほど高額になる可能性が高いので、経済的な面ではないでしょうか。
また、添加物や、防腐剤が入っていないという事は、腐敗しやすいという事です。
自宅でのフードの適切な管理の手間もデメリットになると言えます。
犬の為には栄養面や、手軽を考えてもメリットの方が多いと言えます。
メリットとデメリットを鑑みて、飼い主なりの着地点を見つける事がフードで育てるためには必要と言えます。