完全無害

完全無害のドッグフードってあるの?

完全無害のドッグフードは果たして存在するのでしょうか。
人間の食事でさえ完全に無害なものはありません。
完全に無害のドッグフードは存在するとは言えません。

人間の食生活も、農薬の問題や、食品偽装など完全無害とは言えないものです。
ましてや、ドッグフードは、日本では、安全基準が適正に確立されているとは言えません。
完全無害なドッグフードはあり得ないと言わざるを得ない状況です。

また、体質によっても変わってきます。
薬などでも、人によって効くものと効かないものがあるように、ドッグフードも、体質によっては、アレルギーを起こすなど、有害になってしまう場合が考えられます。

日本では、人間の食べ物に対する法律と、ペットの食べ物に対する法律が違います。
ペットの食べ物に対する添加物や、防腐剤の基準が非常に緩いと言えます。
人間には禁止されている物質でも、ペット用には容認されているのです。

できるだけ無害なドッグフードを選ぶために、人間でも食べられるかどうかを判断基準に入れる方法もあります。

安いフードや、添加物など有害なものが含まれている商品には、「犬用の食べ物で、人間が食べるものではありません」などの注意喚起が書いてあります。
そういった商品の成分表示を見てみると、防腐剤などが使われている事が多いと言えます。

成分表示の確認は、非常に大切で、成分表示の順番は、配合の多い順に書かれています。

穀類が一番初めに書かれているものは、避ける事をお勧めします。
犬は今でこそ雑食ですが、もとは肉食の動物です。
穀類の消化は実は苦手なのです。
消化が苦手なものを食べ続けると、消化不良を起こして体調不良に陥ります。
また、体外に排出されずに体の中に残ってしまうと、アレルギーを誘発する原因にもなります。

まったくの無害なものを求めると、ドッグフードの利点の一つの長期保存できなくなります。
何かしらの加工をしなければ、腐ってしまうからです。
腐敗したものを食べる事はもちろん有害です。
かといって、長持ちしすぎるフードにも、添加物や、防腐剤が多く使われている可能性があります。

できるだけ害の少ないものでが入っている商品を、飼い主が見極めて選ぶことが大切と言えます。